アンドリュー・ギルモア氏から、ビデオメッセージ

国連人権高等弁務官事務所OHCHR 事務次長補アンドリュー・ギルモア氏より、当市民会議にビデオメッセージをいただきました。


アンドリュー・ギルモア国連人権高等弁務官事務所OHCHR 
事務次長補のビデオメッセージ・・・以下、書き起こし

ASG Gilmour’s video message on the occasion of the establishment of the Citizen’s Committee to Abolish Capital Punishment, Japan, end-August 2019
 
Dear Participants,

It gives me great pleasure to lend the UN’s and the United Nations Human Rights Office’s support to this important initiative of yours. 
    
A Citizen’s Committee to Abolish Capital Punishment in Japan will carry forward the voices of civil society that have always formed the heart of the abolitionist movement. We hope that it will also allow us to deepen our partnership. 

In particular, we greatly appreciate the Japanese translation of our publication “The Death Penalty and its Victims”, which has allowed its dissemination among many local communities in Japan.
    
The death penalty contravenes the very notion of human dignity. It denies dignity by refusing the possibility of rehabilitation. It is incompatible with the right to life and can, under certain circumstances, amount to torture, and indeed it often does. 

The world is fortunately moving steadily towards the abolition of the death penalty. Last December, a record 121 States voted for the General Assembly resolution calling for a moratorium on the death penalty.

On the ground, progress is even more marked. Today, some 170 States across the globe have either abolished the death penalty in law, or do not carry out executions in practice. According to Amnesty International, last year only 19 of the 193, some 10%, Member States of the United Nations actually carried out executions. 

But too often, governments that retain the death penalty cite public support in justification of this most cruel of punishments. Yet, too rarely do we hear the truth that, across the globe, when people learn more about and are better sensitized about the actual application of the death penalty, support drops. Public support that relies on secrecy about how the death penalty is actually applied cannot legitimately be cited as a justification for such a grave and irreversible act as the taking of human life by the state. Even, of course, when it turns out that evidence has been found to prove that the person that has already been executed was actually innocent, which happens far too often. 

We would like to take this opportunity to urge Japan to commute or pardon death sentences, and to impose a moratorium on executions. We also call on the Government of Japan to ratify the Second Optional Protocol of the International Covenant on Civil and Political Rights aiming at abolition of the death penalty. 

Again, I would like to reaffirm the strong opposition of the United Nations, the Secretary-General and the United Nations Human Rights Office to the death penalty – at all times and everywhere. We therefore urge all member states that still retain the death penalty, including Japan, to abolish it. 

I wish you a productive and successful meeting, and we look forward to working with the new Citizen’s Committee to Abolish Capital Punishment towards the abolition of the death penalty in Japan.

Thank you, and my best wishes and good luck to you. 

日本の「 死刑をなくそう市民会議」(CCACP)設立の際の
国連OHCHR 事務次長補:ギルモア氏のビデオメッセージ   (2019年8月末)


親愛なる参加者の皆さまへ、

国際連合(UN)と国際連合人権高等弁務官事務所(OHCHR)が「 死刑をなくそう市民会議」(CCACP)の重要な第1歩に支援の手をお貸しすことができることは、私の大きな喜びであります。
貴市民会議は、日本の死刑廃止運動の中心をつねに形成してきた市民社会の声をさらに推進するでしょう。私たちは貴市民会議とのパートナーシップが深まることを願っています。

特に、私たちは、私たちの出版物「The Death Penalty and its Victims:被害者問題からみた死刑」の日本語訳を高く評価しています。これにより、日本の地域社会への情報普及がさらに可能になりました。

死刑は、人間の尊厳という概念そのものに反します。死刑は、社会復帰の可能性を拒否することにより人間の尊厳を否定します。死刑は、生命権と相容れないものであり、ある状況では拷問も上乗せされます。そして、実際にも頻繁に行われています。

世界は死刑の廃止に向かって着実に動いています。昨年(2018年12月) 国連総会で死刑執行停止を求める決議に121カ国が賛成投票しました。

世界の各地では死刑廃止の進展はさらに顕著です。こんにち、世界の約170カ国が、死刑を法律上廃止したか、または実際には死刑を執行していません。アムネスティ・インターナショナルによると、昨年は193の国連加盟国のうち実際に死刑執行したのは19カ国、約10%のみでした。

しかし、あまりにも頻繁に、死刑を保持する政府は、もっとも残酷な刑罰を正当化するため 一般市民の支持があることを引用しています。しかし、世界中で、人々が死刑の実際の適用についてより多くのことを学び、より敏感になったとき、死刑への支持が低下するという真実を聞くことは、非常に稀です。
死刑が実際にどのように適用されるかについて秘密にされることによって維持されている一般市民の支持は、国家による人間の生命の奪取としての重大な行為を正当化するものとして、合法的に引用することはできません。もちろん、実際に死刑執行された人が無実であることを証明する証拠が見つかったことが判明する場合には、なお更そうです。このようなことはあまりにも頻繁に起きていることではありますが。

私たちは、この機会を利用して、日本に対し死刑判決の代替案、または恩赦を促し、そして死刑執行停止を勧告したいと思います。また日本政府に対し死刑の廃止を目指す「市民的および政治的権利に関する国際規約」(ICCPR)の第2選択議定書を批准することを求めます。

くり返しになりますが、私は、いつでも、どこでも、国際連合、国連事務総長、そして国連事務所が死刑に対して強く反対することを再確認したいと思います。
したがって、私たちは、日本を含む死刑をまだ保持しているすべての加盟国に対し、死刑を廃止するよう要請します。

 私は、この会議が生産的で、かつ成功するものであることをここにお祈りいたします。日本での死刑廃止に向けて、新しい市民会議と私たちが協力し合えることを楽しみにしています。

ありがとうございました。そして、あなた方に私の最高の念願を捧げるとともに、あなた方にご幸運が訪れることを願います。